Facebookセミナー

大分県商工会連合会さん主催の課題別セミナーにて
あなたにも出来る!! Facebook ビジネス活用術」と題して、
2時間程、お話してきました。

会場には40名程のお客様。
うち、3名はママ友達(笑)・・・いや、ひやかしじゃないですよ。
大分合同新聞にも、紹介記事が載ったのですが
これを見て駆けつけてくれたママと、真剣に経営を考える
経営者の奥様方であります。

さてさて、

セミナーでは、大きく分けて3つのことをお話しました。

1つ目は、フェイスブックってそもそも何よ?
2つ目は、ビジネスに役立つって、どうよ?
3つ目は、使ってよかった人って、誰よ?・・・という事例

実際、会場でアンケートをとってみると
フェイスブックを個人で使っているという人が半分くらい、
フェイスブックページを作っているという人はわずかで、
ホームページって何よ?という方も数名おられました。

そんなわけで、初心者向けにやさしく喋ってみたつもりでしたが
やっぱり時々専門用語(と思われてしまうような単語)が出ていて
???な方もおられたようで、反省です。

で、私がこのセミナーで言いたかったのは、
フェイスブックはネットだけの特別なこと、ではなくて
現実の人間関係を深めることができるツールだよ、
ということです。

だから、フェイスブックでできることは、
コミュニケーションに役立つこと、なのですよ、と。

極端な話、リアルな世界でお友達を作れない人が
フェイスブックの世界でお友達を作れるか、というと
そうではないよ、と。

そして、現実の人間関係がベースになっているから
ビジネスにも強い、のですね。

もちろん、「いいね」や「シェア」による拡散機能など、
フェイスブックにはビジネスを広げたり、集客に役立つしくみが
盛りだくさんでは、あります。

が、人間関係をもたない人に
これらのシステムは使いこなせません。
逆に、ベースが厚ければ、その威力の大きさも感じられる
ということかもしれません。

それと、もうひとつ言いたかったのは
とりあえず、やってみてよ、ということ。
まずは、家に帰ってパソコンを開いて、
フェイスブックページを作ってね、ということでした。

作ってくれたかなぁ、、、フェイスブックページ。

紹介した事例も、実際に私が支援したお客さんの
ナマの事例(農業、製造業、サービス業)に限定しました。
いずれも、費用もかからず、すぐに誰にでも始められる取組み内容です。
それでも、こんないいことがありましたよ、という事例です。

今回のセミナーの参加者さんたちに
フェイスブック導入へのハードルを低く感じてもらえたら
一応、私の中では成功です。

・・・と思ってたのに、冒頭のママ友さんに
「こわいわー、私やっぱりフェイスブックは無理かも」

と言われてしまい、ちょっぴりがっくし(笑)
彼女はセキュリティレベルの話題が心に残ったそうで
情報が公開されることの危険性に、敏感に反応されたようです。

ま、そういう危険性も伝わったのであれば、
それもよし、かな。

余談ですが、
私、産後ジャスト1ヶ月で、まだ授乳間隔が1時間おき。
セミナーは前後で3時間くらいかかるので、とてももたないな、と
会場のホテルに新生児をスタンバイして、休憩中にロビーで授乳しました。

柱の影でひっそり誰にも見つからず、ふふふ完璧、と思ってたのですが
講義終了後、ワンピースのボタンをかけ違えていたことに気づき赤面。
悪いことはできないものです・・・。

ん、悪いこと?

お問い合せはこちら
Email:info@mikimiki.biz